コラムColumn

WEBデザイナーなら知っておきたい、スキルアップにつながる資格まとめ

WEBデザイナー歴約10ヶ月の「のへ」と申します。10年じゃないよ、10ヶ月だよ。

大学を卒業してからコスプレグッズを売ったり、病院で働いたりと職を転々としていましたが、「毎日パソコンに向かう仕事って楽しいなぁ。お客さんが怖いからもう接客業はやりたくないなぁ。そんでもって、Photoshopとか使うクリエイティブな仕事がしたいぜ」という内向的な性格から、この仕事を選びました。

さて、私事ですが10月中旬から産休に入るため、産休・育休中に勉強して資格でも取ろうかなぁと思っています。
履歴書に書ける資格が普通自動車運転免許しかない私にとって、資格があるというのは憧れでもあるのです。履歴書の資格欄をびっしり埋めてみた~い!

WEBデザイナー的には、どんな資格を持ってると仕事に活かせるのでしょう?調べてみました。

 

Photoshopクリエイター能力認定試験(株式会社サーティファイ)

http://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/exam/content/

Photoshopに特化した資格試験。しかも、ちゃんとMacとWinで分かれてるし、Photoshopのバージョンも分かれています!すごい!これならMacが全然使えない私も安心して受験出来ます!受験料も、スタンダードなら7,200円、エキスパートなら8,200円と割とお手頃な感じ。

合格基準は正答率約7割、合格率は64.2%(平成26年度平均合格率)と、比較的難易度は低めなのではないでしょうか。難易度が低めと思うと俄然やる気が出てきますね!勝ち戦だけしていたい!!
各都道府県に試験会場があるようですが、会場によって試験日程が異なるようです。ちなみに、栃木県の会場は小山市で行っている様子。そして今年の試験は既に8月8日、9日で終了していました…次回の試験日程は未定の模様…Oh…。

こちらを主催されている株式会社サーティファイさんでは、Photoshopクリエイター能力認定試験のほか、Illustratorクリエイター能力認定試験やWebクリエイター能力認定試験なども行っているようです。

 

Webデザイナー試験(株式会社ボーンデジタル)

https://webken.jp/design/

「現在必要とされる実践的かつ標準的な知識を網羅したプロフェッショナルなWebデザインの資格」(サイトより引用)が、こちらの資格だそうです。うーん、むつかしい。

ちなみにこちらで練習問題に挑戦できます。とりあえず挑戦したら試験の方向性が掴めそうです!

http://www.kentei.cc/k/531826/
私もやってみました。

 

nohe-blog150827-01
…微妙な数字ですね。笑いも取れなければ、謙遜しながらの自慢も出来ない。私の人柄が如実に表れている数字といえます。

試験の内容としては、単純にデザインのことだけではなく、WEBサイトの企画や設計、プログラミングに関する知識も必要なようです。HTMLはすこーしだけ独学で勉強したので分かりますが、CSSはよく分かりませんでした。WEBデザイナーになって1年未満の私がこの試験に挑戦するには、かなりの勉強が必要になりそうです。

試験はCBT方式(Computer Based Testing:コンピュータ画面に表示される問題に解答する試験方式)。
ちなみにこちらの受験料は16,000円+税とややお高め。しかも資格の有効期限があるようです!常に進化し続けるWEBの世界だからこその有効期限なのでしょうか。

 

 

Webデザイナー検定(CG-ARTS協会)

http://www.cgarts.or.jp/kentei/about/web/index.html

「コンセプトメイキングなどの準備段階から、Webページデザインなどの実作業、テストや評価、運用まで、Webデザインに必要な多様な知識を測ります。」(サイトより引用)

こちらの資格は「ベーシック」、「エキスパート」の2種類に分かれています。

ベーシックではデザインの他に、CSSやJavaScript、インターネットの基礎知識なども取り扱われます。
エキスパートでは動画や音に関する表現技法、サイト運用、知的財産権についても出題されるようですね。
WEBデザイナーとして知っておいた方が良さそうなことばかりなので、是非とも挑戦してみたい資格の1つです。
今年の前期日程は既に終了していますが、後期の出願期間はこれからのようです!試験日は11月29日、出願期間は9月1日~10月22日です。栃木県も宇都宮市で開催されるので私も受けられそうですヤッター!

 

ウェブデザイン技能検定(特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会)

http://www.webdesign.gr.jp/

似たような名前の資格が多くて混乱してきました。

しかし、こちらの資格はなんと「国家資格」です。
受験料もほかと比べるとお高めです。3級から1級まで全て受験しようとすると、合計60,500円です。

さらに受験資格が定められています!3級は「ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者」、2級、1級はそれぞれ下の級に合格していれば受験できるようです。(他にも受験資格に該当する項目があるので、詳しくはサイトをチェック!)

ところで、こちらの試験に関しては栃木県会場がないようです。なんということでしょう。一番近いのは埼玉県会場のようです。
「国家資格」ですよ、「国家資格」。うーん、是非とも履歴書に書いてみたい。

 

 

カラーコーディネーター検定試験(東京商工会議所)

http://www.kentei.org/color/

WEBデザインとはちょっと離れてしまうかもしれませんが、個人的に取りたい資格の一つです。何せ、私は配色センスがからっきしなのです。

「色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。 仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる、それがカラーコーディネーター検定試験です。」(サイトから引用)

専門職の仕事に直結して生かせそうな資格ですね。1級はファッション業界、インテリア、建築系のお仕事の方々に向けて、試験が分けられています。

栃木県の受験地はなんと宇都宮、足利、大田原、佐野の4か所もあります。※ただし、宇都宮以外は1級の試験を実施していません。
今年は11月29日に試験が行われます。3級の試験は独学でも2~3か月勉強すれば合格率が高いそうなので、今から始めても間に合いそうですね!

 

 

色彩検定(内閣府認定公益社団法人 色彩検定協会)

http://www.aft.or.jp/

カラーコーディネーター検定試験と色彩検定、何が異なるのか知らなかったので合わせて調べてみました。

「従来から「感性」だけによるものと見られがちであった「色に関する知識や技能」を理論的、系統的に学ぶことにより、誰もが「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけることができるのです。(中略)色に関するスペシャリストのことを『カラーコーディネーター』という総称で呼ぶことがありますが、これは国家試験のようなライセンスではありません。 しかし、『色彩検定』は「色に関する知識や技能」を社会的に評価する『尺度』として確実に社会的な認知を得ています。」

カラーコーディネーターと比較すると、色彩検定のほうが気軽に受験出来そうなイメージです。

今年は夏季検定が既に終了し、11月8日に冬季検定があるようです。栃木県の受験地は2か所もあります!宇都宮と足利!!
3級の合格率は75.65%(平成26年度受験状況)と高めですし、こちらも是非すぐにでも試験勉強を始めたいですね。

 

■まとめ■

デザイン関連の資格ってたくさんあるんですね。国家資格まであるとは全く知りませんでした。
業務上、Photoshopを毎日使用する私としては「Photoshopクリエイター能力認定試験」から受験したいところです。しかし次回試験日程が未定。とても残念です。
今から勉強を始めるにはちょうどよさそうな「カラーコーディネーター検定試験」「色彩検定」も挑戦してみたいですね。色のセンスがいいと、仕事だけではなく私生活でもかなり役に立ちそうです!

実務経験が重要視される職種ではありますが、自分をアピールするポイントの一つとして資格を持つことも大切です。
スキルアップ、自分磨きの一貫に是非資格試験にチャレンジしてみましょう!

 

WEBデザイン / Illustrator / Photoshop / インターネット / デザイナー / デザイン系 / 資格 / 資格試験

執筆者:nagata

お問い合わせフォーム