コラムColumn

【永久保存版】今さら聞けないSEO対策のイロハ

WEBサイト制作で必ずと言っていいほど
耳にする言葉が『SEO』です。

 

言葉としてはだいぶ耳なじみのあるようには
なってきているかもしれませんが
いざWEBサイトを制作する段階になって
あやふやな部分も正直あると思います。

 

そこで今回は基本に立ち返り
『覚えておきたいSEOの基礎知識』
をお話ししていきます。

 

小中学生でもわかるくらい
噛み砕いてお話していきます。

 

<<今日お伝えすること>>

 

・SEOって何?
・内部SEO対策を徹底せよ!
・最も重要なtitleタグ
・titleタグのポイント
・ディスクリプションの意味と重要性
・ディスクリプションのポイント
・良い例悪い例

 

 

【SEOって何?】

 

まず、SEOがそもそも何なのかというと
「Search Engine Optimization」の略で
検索エンジン最適化という意味があります。

 

GoogleやYahoo!などの検索エンジン(検索サイト)で
上位表示されるための対策のことです。

 

誰も通らない道に看板を立てるのと
市街地や駅前に看板を立てるのとでは
明らかに後者の方が高い集客効果を見込めるわけです。

 

これと同様に
SEO対策を適切に行うことで

 

あなたのWEBサイトが
より多くの人に見てもらえるようになり
購入やお問い合わせにつながる可能性が
高まっていくのです。

 

よくわからなければ
「インターネット上に立てる”看板作り”をするのだ。」
と考えてください。

 

ただし、SEO対策に「完璧」はありません。
どのWEBサイトを上位表示させるかは
検索エンジン(検索サイト)が独自に決めるものなので
コントロールができないのです。

 

「最適化」の言葉の通り
Googleの目に留めてもらえるように
様々策を練って実行した方がいいのです。

 

 

【内部SEO対策を徹底せよ!】

 

 

SEO対策には「外部」と「内部」があります。
先にお伝えしておくと
私たちがメインでやるべきなのは「内部」の方です。

 

『外部対策』というのは
あなた以外の様々なサイトに
あなたのWEBサイトのリンク(入口)を作ることで
検索上位に表示させようとする施策です。

 

すでにアクセスが多いサイトに
あなたのWEBサイトを掲載してもらうことで
検索上位に上がりやすくなります。

 

また、SNSを活用し入口を増やすことで
多くの場所からあなたのWEBサイトに
訪れてくれるようになります。

 

ネット上でやるビラ配りのようなことです。

 

多くの店舗にあなたのお店のチラシを置かせてもらえたら
来店される可能性が高まるのと同じです。

 

ただし、外部対策は
Googleにあまり好かれる方法ではないので
すぐにやる必要はありません。

 

やった方がいいのは当然ですが
先にやることではないです。

 

一方、内部対策とは何かというと
簡単に言えば
『Googleに見つけてもらえるようにすること』です。

 

先程お伝えしたように
検索上位にするのはGoogleです。
Googleが「良い」と判断したものが
検索上位にピックアップされます。

 

しかも見つけてもらった方が
長く検索上位に載せてもらえます。

 

あなたのWEBサイトが良いものかどうかは
Google側に見つけてもらわないといけませんから
適切な内部SEO対策をして
Googleにしっかり見てもらう施策をするのです。

 

中身がしっかりしてないと
外に無理やり広めても意味がないですから

 

まずは中身(内部対策)をしっかりと行い
多くの人が訪れやすいWEBサイトに
仕上げていきましょう。

 

 

【最も重要なtitleタグ】

 

 

さて、内部対策で真っ先に考えてほしいのは
タイトルタグです。

 

お客様がサイトをクリックするために
WEBサイトに表示させる文章を
『タイトル』といい

 

特にTOPページのタイトルは
『メタタイトル』と呼びます。

 

Googleで検索した際に
WEBサイトに入るためのタイトルのことです。

 

Googleで「ブレインマーケティング 宇都宮」
と検索すると最上位に
「ブレインマーケティング宇都宮:栃木(宇都宮)で高品質なホームページ制作」
が出てきますが、その文言のことをタイトルタグといいます。

 

HTMLでは~の内部に~というタグで記載されるタグで、
タイトルタグで囲われた~の部分がそのページのタイトルを表します。

 

このタイトルタグが
あなたのWEBサイトの顔になります。

 

このタイトルを見てお客様は
アクセスするかしないかを
判断していきます。

 

「誰に来てほしいのか?」
「どう伝えれば来てくれるのか?」
この2つを考えながら

 

あなたのWEBサイトをクリックしてもらえるように
入念に決めていく必要があります。

 

 

【titleタグのポイント】

 

 

では、どんなタイトルタグが良いのか?

いくつか項目があるので
お伝えしていきます。

 

 

・対策キーワードが含まれているか?

 

「韓国コスメ」「子ども服」「ホームページ制作」のような
そのWEBサイトで発信しているキーワードを
タイトルに含めてください。

 

あなたのWEBサイトに訪れたいお客様は
あなたが持っている商品やサービスを求めに
検索してくるのですから

 

そのキーワードを入れないと
探せなくなってしまいます。

 

どんなWEBサイトなのか?
何のお店なのか?
を示すキーワードを
タイトルに盛り込んでください。

 

 

・titleとページコンテンツの内容が一致しているか?

 

タイトルに韓国コスメとあるのに
クリックしてみたら全く違う内容だったら
すぐに「閉じる」ボタンを押されてしまいます。

 

タイトルの文言と
WEBサイトに入っているコンテンツの内容と
一致しているかを確認してください。

 

 

・キーワードを不自然に入れすぎていないか?

 

「韓国コスメ韓流美容スキンケア通販激安」

 

このタイトルのWEBサイトは
クリックするでしょうか?

 

極端な例ですが
キーワードを詰めすぎても良くないです。
怪しまれてしまいます。

 

Googleに表示される文字数が全角30文字前後
決まっているので

 

限られた文字数で
言いたいことを絞って
シンプルなタイトルにしましょう。

 

 

・全ページ固有のtitleを設定しているか?

 

TOPページのタイトルと
それぞれのページのタイトルは
別のものにしましょう。

 

Googleに見つけもらいやすくするには
それぞれのページタイトルに
別のキーワードを盛り込んで
見つかる確率を上げることが重要です。

 

それなのに同じ文言にしてしまうと
見つかる確率を下げてしまいますし
お客様もどこを見ているのかわかりづらくなり
満足度も下がってしまいます。

 

「韓国コスメ」をTOPのタイトルに使ったなら
他のページでは「スキンケア」を使うなど
言いたいキーワードをそれぞれのページに振り分けてください。

 

 

・ユーザーがクリックしやすいtitleになっているか?

 

見出しとして機能しているか確認しましょう。

 

クリックしたくなるような興味性があるか?
どんなWEBサイトはわかるようになっているか?

この2つを押さえてください。

 

星の数ほどあるWEBサイトから
あなたのWEBサイトを見つけてもらいたいわけですから
「面白そう!」と興味を持ってもらえるような
表現を考えましょう。

 

また、そのWEBサイトにはどんな情報があるのか?を
明確にしないとお客様は不安になります。

 

お客様にとって
入りやすいタイトルを考えていきましょう。

 

 

・文頭に対策キーワードを入れているか?

 

タイトルは全角30文字前後が基本です。

Googleに表示される文字数が全角30文字程度なので
それより多すぎると…と見切れてしまいます。

 

ですから対策キーワードは
タイトルの前方に置くようにしましょう。

 

 

【ディスクリプションの意味と重要性】

 

 

続いてはディスクリプションの解説をしていきます。

 

弊社を検索すると
タイトルの下に、以下のような説明文があるはずです。

 

「株式会社ブレインマーケティング宇都宮支社公式ホームページです。
WEB制作からWEB集客マーケティングまで幅広いサービスをご提供できます。
栃木県宇都宮市で最大規模の制作会社で地域密着で運営している企業です。
栃木県のWEBを盛り上げていきましょう。」

 

このような概要文・説明文に使われる部分のことを
『ディスクリプション』

 

特にWEBサイト全体を説明するものを
『メタディスクリプション』
と呼びます。上の文章はメタディスクリプションのものです。

 

ディスクリプションは
SEO対策に直接影響を与える要素ではなく
お客様にクリックしてもらいやすくするものです。

 

全角30文字程度のタイトルタグでは
伝えきれないことがあるはずです。

 

お客様としても詳しく書かれていた方が
安心してクリックすることが出来ます。

 

タイトルタグを補強するものだと思ってください。

 

 

【ディスクリプションのポイント】

 

 

基本はタイトルタグと変わりません。

 

ただしディスクリプションは
タイトルタグよりも文字数が増える分
気をつけるべき点もあります。

 

 

・対策キーワードは含まれているか?

 

メタディスクリプションの場合は
全角120文字が目安です。
その文字数に言いたいことを
的確に伝える必要があります。

 

ディスクリプションでも
発信したいキーワードを
しっかり収めるようにしましょう。

 

 

・ディスクリプションとコンテンツの内容は一致しているか?

 

タイトルタグと同様に
開いてみて(思ったのと違った・・)
と思われてはおしまいです。

 

説明する内容とそのWEBサイトの中身に
ズレがないようにしましょう。

 

 

・キーワードを不自然に入れすぎていないか?

 

ディスクリプションでは
顕著になる項目です。
タイトルタグよりも多く文字が入るので
その分詰め込みすぎてしまうことがあります。

 

あるいはせっかくの120文字に
同じキーワードばかり入れてしまう人もいます。

 

キーワードを入れすぎてはいけませんが
重複ももったいないことです。

 

5,6個程度キーワードを盛り込んで
うまく意味が通るように
文章にしていきましょう。

 

 

・全ページ固有のディスクリプションを設定しているか?

 

タイトルタグでお伝えしたことと
理由は同じです。

 

Googleで見つけてもらいやすくなり
お客様の利用しやすさも上がるので
ページごとに違うキーワードを使って
説明していくと良いです。

 

 

・文頭に対策キーワードを入れているか?

 

120文字という限られた文字数の中でも
お客様はすべての文章を
熟読するわけではありません。

 

文章の最初の方に言いたいことを
収めておかないと
読まれる前に逃げられてしまう可能性があります。

 

もったいぶらずに
一番言いたいことは
先頭に持ってきてください。

 

 

【良い例・悪い例】

 

 

最後に、どんなタイトルタグや
ディスクリプションがいいのか?

 

ひと目で分かるように
具体例をいくつかご紹介して
この記事を終わりにします。

 

上記の要点がわからなかった方は
これから紹介していく内容を
まずは真似してみることをオススメします。

 

まずは真似してほしくない悪い例から。

 

 

-悪い例-

 

・文字数が少なすぎる

 

タイトル:ブレインマーケティング宇都宮
タイトル:ホームページ制作

ディスクリプション:ブレインマーケティングへようこそ!
ディスクリプション:WEBサイトを作ろう!

 

 

・文字数が多すぎる、対策キーワードが多すぎる

 

タイトル:栃木宇都宮を拠点にWEB制作とWEBマーケティングの最新技術を駆使した地域特化のホームページ制作会社!
集客求人に強い栃木最大規模、急成長中!株式会社ブレインマーケティング宇都宮支社(90字)

 

ディスクリプション:
WEB制作/SEO対策/WEBマーケティング/WEB集客/栃木特化…WEBサイトには何が重要だと思いますか?
かっこよくスタイリッシュなデザイン?膨大な情報量?どこにもないような情報の質?
いえいえ違います。本当に大事なことはWEBマーケティングです。外見だけではなく、中身が非常に重要なのです。
いったいどういうことかというと・・・(164字)

 

 

・タイトルがコンテンツの内容と一致していない

 

タイトル:効果的でファンタスティックな爆売れホームページ制作!
タイトル:最先端次世代を担う先鋭集団!ブレインマーケティング!

 

 

-良い例-

 

タイトル:
【楽天市場】Shopping is Entertainment!:インターネット最大級の通販サイト

ディスクリプション:
楽天市場はインターネット通販が楽しめる総合ショッピングモール。
楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!使える!毎日お得なクーポンも。
あす楽利用で翌日にお届け。食品から家電、ファッション、ベビー用品、コスメまで、充実の品揃え。

 

タイトル:
アマゾン:Amazon│本,ファッション,家電から食品まで

ディスクリプション:
Amazon.co.jp 公式サイト。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか
一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

 

 

・・・すでに検索上位にあるサイトは
内部対策がうまくできているはずなので
検索上位の書き方を真似することが
手っ取り早い方法でもあります。

 

ぜひ様々なWEBサイトの
タイトルやディスクリプションに
着目してみていただいて

 

どんな文章が上位なのか?
また下位のページとは何が違うのか?

 

比較しながら研究してみることを
オススメします!

 

今日は盛りだくさんの内容でしたので
一度ではなく何度もチェックして
復習していただけばと思います。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

お問い合わせフォーム