コラムColumn

身の丈に合わないことをしよう!

 

人は、新しいこと知らないことに触れると
無意識でも違和感を抱きます。

 

嫌!というわけではなく
とにかく違和感があります。

 

「いつもと違う感じ・・・」がしてきて
ソワソワして落ち着かなくなります。

 

新しいことをチャレンジしようとすると
この微細な変化に戸惑ってしまって
あっさり辞めてしまう人がいます。

 

慣れない職場、慣れない仕事に
慣れない人間関係やライフスタイルに
耐えきれなくなってしまうのですね。

 

・・・ただ、良くも悪くも
こういった違和感というのは
どこにいたって起こりうる感情です。

 

今日はあなたが今後
新しいことに立ち向かっていくときの
心の励みになるように
気持ちの持ち方について考えていきたいと思います。

 

 

 

私たちが成長しているとき
あるいは成長しようと考えているときは
身の丈に合わない気持ちがします。

 

居心地が悪くなります。

 

これはちょうど
学生時代に買ってもらった制服に似ています。

 

 

 

買った頃は「成長するから」と
大きめのサイズを買ってもらいます。
袖をダボダボに余らせて
裾をあげて過ごしていたと思います。

 

それが季節を跨ぐ度に
少しずつ袖の位置が手首に合っていき
次第に袖の方が短くなり、
最終的には卒業して脱ぎ捨てることになります。

 

 

 

私たちの人生も
制服の袖とよく似ています。

 

少し違和感のあることに挑んで
徐々に順応していき
次第に不要になり手放していきます。

 

新しい人に出会い
親交を深めていき
そして別れていきます。

 

たまに袖と腕の位置があったまま
ずっと着ていられるものもあります。
これを人は才能やセンス、適性のあるものと
認識するのだと思います。

 

 

 

どんどん新しいことに挑戦して
身の丈に合わない感覚
1回でも多く味わっていきましょう。

 

味わえば味わうほど
多くの知識、経験、スキルが
あなたに”身につく”ようになります。

 

居心地の良い場所で
ぬるま湯に浸かってばかりいないでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム