コラムColumn

心配事の96%は起こりません!

 

もしかしたら見たことがあるデータかもしれません。
非常に安心できる研究データが有るので
この場で共有したいと思います。

 

日本人の多くは心配性と言われています。

 

ガスの元栓締めたか?鍵はしたか?
書類は忘れていないか?
子どもは元気に遊んでいるだろうか?
10年20年後も健康でいられるだろうか?

 

考えなくていいことまで考えて
望みもしない心配事を
自ら積み重ねてしまうクセがあります。

 

 

 

しかし、アメリカの研究によると
それらの96%が杞憂に終わることがわかったのです。

 

これはアメリカ・ミシガン大学の研究チームによって
判明した研究データらしいのですが
心配事の80%はまず起こらないのだそうです。

 

どんな研究でどんな根拠を基にしているのかは
定かではないのですが
80%はまずないのだそうです。

 

で、残りの20%も
16%は準備をしておけば対応できるものだそうです。

 

つまり
心配事のうち実際に起こってしまうのは
わずか4%!という衝撃の数字なのです。

 

その4%も事象としては
隕石が落ちたとか家の前が浸水したとか
電車の電線が切れてしまったとか
あなたではどうしようもないことです。

 

あなたのせいではないこと
残りの4%だということです。

 

 

 

準備をしておけば
心配が実現する確率は4%です。

 

逆にいうと
準備をしておかないと20%ですから
起こる可能性は充分あることになります。

 

「4%しか起こらないなら大丈夫だろう。」
と油断していると
5分の1の確率で起こってしまうので注意が必要です。

 

 

 

あらゆるリスクを想定して
準備をしておけば大丈夫です。
自信を持って進めていきましょう。

 

前もって準備をしておくことで
余計な心配をすることなく
快適に仕事をすすめることが出来ます。

 

ぜひやりたいことをとことんやって
安心して物事に取り組んでいきましょう。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム