コラムColumn

絶妙のタイミングが絶妙の結果を生む

 

8月にランドセルのCMが増えるのですが
なぜだと思いますか?

 

ランドセルメーカーのセイバンによると
全体の59%が夏休みが終わるまでに
購入を済ませているそうです。

 

なぜ8月なのか?というと
一番の理由は

・お盆の帰省で祖父母と過ごすタイミングだから
だそうです。

 

小学校入学を控える孫といて
テレビを見たらランドセルのCMが流れるので
買ってあげたくなるのだそうです。

 

祖父母の方が両親よりも
経済的に余裕があることが多いので
タイミングとして絶妙のようですね。

 

 

 

8月にCMを流すことは
ランドセルメーカーにとって
売上を左右する非常に重要なことです。

 

このように
世の中うまくいく・いかないの差は
ランドセルのCMのような
タイミングの違いで決定づけられることがあります。

 

「昨日やっておけば・・・!」
と嘆いたことがある人も多いと思います。

 

今回はそんな『タイミングの重要性』について
一緒に考えていくことにしましょう。

 

 

 

電車通勤をされる方はよくわかると思いますが
駅に着く時間には、良いタイミングがあります。

 

たとえばホームに着いたと同時に
電車がやってくるくらいがちょうどいいでしょうか。

 

ただ、それが少しでも遅いと
乗り遅れるハメになり
逆に早すぎても待ちぼうけを食らうことになります。

 

早いに越したことはないけれども
満足度を与えようとするなら
ジャスト!なタイミングで提供することが
重要になってきます。

 

 

 

高級なレストランや接客に評判のある飲食店は
このタイミングが絶妙であることが多いです。

 

食べ終わったタイミングで
さっと次のコースメニューが出てくると
お客は優秀だと感じます。

 

遅すぎるとイライラしますし
早すぎても急かされている気持ちになります。

 

飲食店をやっていないとしても
商品やサービスを提案する際には
タイミングを重視すると成約につながりやすくなります。

 

 

 

営業でも、すぐに資料を出すのか
必要なタイミングで差し出すのかだけでも
印象は大きく変わるはずです。
恋愛でも同様ですよね。

 

WEBサイトの公開や
広告を出すタイミングも重要です。
13時に出すのか19時に出すのか
21時に出すのかでも結果は変わります。

 

料理が美味しくなるタイミングがあるように
ビジネスの結果もタイミングが命です。

 

ぜひ決断や行動のタイミングは
注意して進めていくようにしましょう。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム