コラムColumn

WEBサイトを大繁盛に導く王道パターンとは?

 

自意識の強いホームページが多いです。
自分たちのことしか考えていない
”自己中サイト”が大多数です。

 

気が付かないまま
広告費や人件費、制作費などを
ムダにしている可能性があります。

 

あなたのホームページはどうでしょうか?

 

しっかり結果につながっていますか?
そもそも、目的にあった
ホームページになっているでしょうか?

 

そこで今回はWEBサイト・ホームページを
運営していくときに注意して欲しいポイントを
お伝えしていこうと思います。

 

 

 

おそらくあなたも、わかっていると思うんです。
このポイントは言われたら誰しもが
「確かに」と頷くものです。

 

ただ、それがホームページにまで
浸透しているとは限りません。
あなたの思惑がホームページに
うまく反映されていない可能性があります。

 

場合によっては
思い入れが強すぎて逆効果!
・・・になっているものの少なくありません。

 

なので「自分のホームページは大丈夫だろうか?」
と確認していくつもりで読み進めてください。

 

 

 

バリバリに営業していた経営者でも
ホームページになると苦手に思っている人は
結構多いと思います。

 

しかし、儲かるホームページというのは
営業手法がうまく盛り込まれている事が多いので
あなたの経験を生かさない手はありません。

 

営業で対面して話をするときも
ホームページで商品の魅力を伝えるときも
向こう側には必ず人間がいます。

 

パソコン画面・スマホ画面の向こうには
それを見ている人がいるのです。

 

なので、ホームページを作る以上は
それを見る人のことを考えて
作り込んでいくことが最も重要なことなのです。

 

 

 

『相手の視点で考えること。』

 

これが何よりも大切なことですし
営業でも言えることのはずです。

 

「どんな言葉をかけたら喜ぶのか?」
「どういった姿勢や表情で語るべきか?」
「相手は何を求めているのか?」

 

これらを”相手よりも”深く
考えていくことが重要です。

 

 

 

自社の商品やサービスの思い入れが強いほど
知らぬ間にエゴの強い
「独りよがり」のホームページになっていることがあります。

 

売り込み感が強すぎてないでしょうか?
あるいは売り文句がズレていることはないでしょうか?
そもそもその商品は相手にとって本当に必要ですか?

 

ホームページにはしっかりと意味を持たせてください。

 

「なぜそのホームページを見る必要があるのか?」
「そのWEBサイトを見たらどうなるのか?」
「どんな目的にあったホームページなのか?」

 

これをサイト1つ1つに詰め込みましょう。

 

 

 

あとは、ホームページの利用者と
積極的にコンタクトを取っていき
ユーザーの生の意見を仕入れていきましょう。

 

そのサイトを訪れた理由や
サイトでどのような動きをしたか?
どこが不満だったか?逆にどこが良かったか?
聞けるだけ聞いていきましょう。

 

ユーザーの意見を聞けたら、そのデータをもとに、
行動理由を分析していき

「どうしてそうなったのか?」

を考察し、改善していきます。

 

 

 

相手視点で考えて、行動パターンとその理由を知って
改善と検証を繰り返していく。

 

そのサイクルを行っていくことで
ホームページは必ず良い結果を出していくようになります。

 

満足度も上がりますからリピート率も増え
少ない運営費で効率よく
売上をアップさせることができます。

 

お伝えしたことは非常にシンプルですが
知っていたとしても実行に移している人は
ほんの数%です。

 

やろうと思ってやらない人が大半です。

 

なので、やろうと思ったのであれば
やった方がいいです。
実行していくだけで他社を大きく突き放せます。

 

ぜひ、相手の視点にそった
使いやすいホームページ作りを
心がけていきましょう。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム