コラムColumn

専門店は面白い

 

あなただったら
『なんでも屋』と
『おふくろの味専門店』なら
どちらの方がそそられるでしょうか?

 

私たちは”専門店”と聞くだけで
気になってしまうものです。

 

それに興味がなかったとしても
(どんな店なんだろう?)
と考えてしまう強さがあります。

 

 

 

人間というのは不思議なことに
選択肢が絞られたものの方が
興味を示す傾向があります。

 

「みんな大好き!」よりも
「あなたが好き!」の方が
喜ばれるのと同じです。

 

限定されると弱いのです。

 

 

 

ホームページや販売サイトを
作っていく際も
情報はできるだけ絞ったほうが良いです。

 

「なんでもやれます!」
なんて決して言わないこと。

 

商品やサービスを
すべて載せる必要もありません。

サイトに載せる内容は絞り
シンプルにまとめるようにしましょう。

 

 

 

選択肢を減らすことで
その分お客は決断の回数が減ります。

決めることが多くなればなるほど
お客は体力を失います。

 

どれにしようかと商品を選び
それを買うか買わないかの選択をさせ
決済方法を選択する・・・

 

これだけでも
お客は面倒くさくなってきます。

 

面倒になって「やっぱやめた。」とか
「休憩終わりだからあとにしよう。」などと
機会損失を招くことにもなります。

 

 

 

商品が絞られていると
いきなり買うか買わないかの2択から始まるので
お客としては疲れず快く買い物ができます。

 

良い気分で購入できるので
入金率や満足度も上がる傾向があります。

 

選択肢は絞ってシンプルにすること。
専門性をアピールして
興味ひかれるWEBサイトに仕上げていきましょう。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

お問い合わせフォーム