コラムColumn

人間は、理由に飢えている

 

「なんで勉強しないの!」

と怒られたことがある人は
心のなかで手を挙げてください。

 

こう怒鳴られると
「なんでそんなに怒られなきゃいけないんだ!」とか
「なんでこんな勉強しなきゃいけないんだ!!」と
言い返したくなると思います。

 

・・・何度か実際に
言い返しているかもしれませんが。

 

 

 

なぜ、わざわざあんな面倒な受験勉強を
やらなきゃいけなかったのでしょうか?

なぜ、私たちは生きているんでしょうか・・・!

少々話がそれていきそうなので戻します。

 

 

 

今日は人に何か頼んだり
行動を促したりするとき
効果的に活用して欲しいテクニックを紹介します。

 

テコでも動かなかった人が
意欲的にやってくれるようになり
自分自身にも良いきっかけ作りを
意識的に取り入れられるようになります。

 

やることはとてもシンプルなので
ぜひ最後までお読みいただき
実践してみてください。

 

 

 

今日の話をわかりやすくするために
1つ例を挙げましょう。

 

ある実験によると

被験者がコピー機の順番待ちの列の先頭へ行き、
3通りの言い方で頼みます。

 

 

 

1つ目は
「すみません、5枚なのですが、先にコピーを取らせてもらえませんか?」
という要求だけのもの。

 

2つ目は
「すみません、5枚なのですが、急いでいるので先にコピーを取らせてもらえませんか?」
と本当の理由を付け足したもの。

 

そして3つ目は
「すみません、5枚なのですが、コピーを取らなければいけないので
先にコピーを取らせてもらえませんか?」
という取ってつけたような理由を足したものです。

 

 

 

この実験の結果

 

要求のみ承諾率は60%であるのに対し
本当の理由を付けた場合の承諾率は94%
そして取ってつけたような理由の場合でも93%承諾されたそうです。

 

理由がついたら
お願いが通りやすいというデータです。

 

 

 

ただし
5枚から20枚にした場合は
要求のみ24%、本当の理由42%、取ってつけた24%
と下がるようです。

 

いずれにしても
まっとうな理由がついたら
お願いが通りやすいということは言えますね。

 

 

 

先ほどの勉強の例でも言えることですが
多くの人は、理由がなければ
行動に踏み切れません。

 

逆にいうと
理由があれば行動に踏み切りやすくなります。

 

「○○なので」

と理由をつけるだけで
あなたの要求は通りやすくなるということです。

 

 

 

昔、勉強に手がつかなかったのも
理由がなかったからです。
勉強する理由が自分の中になかったのです。

 

やる理由があればやります。

 

「大学行きたいんでしょう?」とか
「将来年収高いのと低いの、どちらがいい?」とか
「学歴あった方がモテるよ。」とでも
言ってもらえたほうがやる気も上がったでしょうね。

 

私たちが行動するためにも
「なぜ私が?なぜ今?」
という情報を得ることが大切ですし

 

周りの人に行動させるためにも
「なぜ?」をつけて
指示してあげるといいです。

 

 

 

シンプルですし比較的簡単なことなのですが
やってみると効果が高いテクニックなので
まずは軽いお願いに理由をつけて
頼んでみるといいですよ。

 

この理由付け
WEBサイトでも営業・プレゼンでも活用することで
あなたの意見や要求が
飛躍的に通りやすくなっていきます!

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム