コラムColumn

未来をイメージできるホームページはうまくいく!

 

 

うまくいくホームページと

うまくいかないホームページでは

何が違うと思いますか?

 

また、ホームページにかぎらず

人を集める広告と集まらない広告は

いったいどんな差があるのでしょうか?

 

それは、お客様に効果の先を

イメージさせることができているか?

できていないか?という違いにあります。

 

 

 

例えば美容・健康業界は

星の数ほど競合が存在しています。

美容室、ネイルサロン、エステサロン、マッサージ店などが増加し

地域によってはコンビニよりも多い状態になっているそうです。

 

そんな業界の広告で

何らかの効果だけを伝え続けても

競合と足を引っ張りあうだけになるのがオチです。

 

では、どのようにしたら改善されるのか?というと

 

効果の先で得られる未来を

イメージさせることです。

 

効果の先をイメージできるかどうかで

販売数や来客数が大きく変化していくことになります。

 

 

 

具体的に言うと

エステサロンの場合「美しくなります!」これは効果です。

「マイナス5歳肌に!」「フェイスラインがスッキリ!」

これも効果です。これだけではお客さんの心は動きません。

 

効果の先とは例えば

「パーティーや同窓会で人目を引く存在になれる!」

「恋活・婚活で良い縁を逃さずつかめるようになれるかも!」

「授業参観でも恥ずかしくない!自慢したくなるステキなママに!」など

 

その先の未来をイメージさせた方が

心を動かしやすいのです。

 

お客さんというのはただ単にエステに行きたい・綺麗になりたいのではなく

「好きな人から愛されたい」「自分に自信を持ちたい」「周りから注目されたい」のような

先のことを思い浮かべながら訪れるのです。

 

なので、私たち事業者としては

お客さんの夢をかなえる

手助けができることを伝える必要があるということです。

 

 

 

よく、できる営業マンの条件として語られるのが

 

三流は、物を売る

二流は、人を売る

一流は、未来を売る

 

という言葉です。

 

あなたは未来を提供できているでしょうか?

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム