コラムColumn

あなたにWEBサイトは本当に必要なの?

 

制作会社に依頼しているホームページは
今回お伝えすることはほとんどありませんが
世の中の6割以上のWEBサイトは
利用用途(目的)さえ不明のハリボテサイトです。

 

あなたの目にすら触れられないだけで
石ころのように転がっているWEBサイトは
無数に存在しています。

 

学生が勉強のために頑張って作ったサイトくらいなら
まだ微笑ましいで済みますが

 

1つの企業が多くの時間とお金と手間をかけて
見栄を張るだけのWEBサイトを作り
放置しているケースは非常に多いです。

 

 

 

これから作ろう!と考えている人には
あまり現実味のない話かもしれませんが
作った半年後や、2年後にもなれば
当初の目的を忘れたサイトに変貌することもあります。

 

今回はせっかく作るWEBサイトを
最適な状態に育成するために
覚えておいてほしいことを1つお話します。

 

潰れかけの飲食店がよくやるのが
メニューを増やしてしまうことです。

 

ラーメン屋で始めていたのに
気がついたら中華料理が充実しだして
カレーやうどんまで出てきて
訳が分からなくなる店になっていきます。

 

うまくいかない店舗の9割が
「何のお店かわからない」
という状況になっています。

 

 

 

「野菜と肉」だけでは何のお店かわかりません。

 

スーパーなのか、鍋料理なのか、焼肉屋なのか
考えられる選択肢が多すぎます。

 

これが
「旬の地元野菜を使った季節のしゃぶしゃぶ」
と書けば美味しそうですよね。

 

 

 

WEBサイトでも
『どんなサイトなのか?』
を明確にすることが大切です。

 

・・・ここって
皆さんわかっているのにできていない
最たるものだと思います。
永遠のテーマかもしれません。

 

できていないところほど
ウチのサイトコンセプトは問題ない!
どんなサイトかは明確だ!
と思い込んでいます。

 

 

 

伝えるポイントを絞って
どう伝えたら魅力的に見えるか?
これを考えたサイト作りをしていくことが大切です。

 

何屋なのかわからないWEBサイトにだけは
しないように気をつけましょう。

 

お客さんが来ないから
あれやこれやと追加してしまうと
完全に逆効果です。

 

要点を絞りこみ
チカラをどれか1つに集中させて
何か1つだけを強くアピールしましょう。

 

 

 

あらためてあなたのWEBサイトの
目的を明確にしましょう。

 

すでにある方も再確認して
あなたのWEBサイトが本当に
目的に沿ったサイトになっているか?

 

主観でも客観的にも
チェックしていくようにしましょう。

 

目的を明確にして
どんなWEBサイトなのかが
ハッキリ伝わるWEBサイトにすること!

 

これだけ常に意識して
最適なWEBサイトを
育てていけるようにしていきましょう。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

お問い合わせフォーム