コラムColumn

ごめんなさい禁止

 

「お忙しいところすみません。」
「申し訳ありません。お手数ですが・・・」
「(何かやってもらって)すみません。」

 

何でもかんでも謝ってしまう
謝りグセのある人は多いです。

 

本当に悪いことをしたときは
謝罪しなければいけませんが
それ以外は過剰です。

 

相手に気を使うあまり
かえって不快にさせている可能性があるので
もし「私のこと?」と思う方は
最後までしっかり読んで厄介なクセを取り除いていきましょう。

 

 

 

あなたが謝りたくなるとき
あなたが100%非があるのでしょうか?
すべてがそうではないと思います。

 

むしろ相手が明らかに悪いのに
本人が認めていたとしても
謝っていることが多いかもしれません。

 

「自分が悪いんだ。」

 

という思いに固執してしまっていて
自分の行動や感情ばかりに
気を取られてしまっているのです。

 

意識しているかはわかりませんが
悲劇のヒロインを
立派に演じきっているような状態です。

 

周りの人からすると
それは謙虚なのではなく
ひたすらに厄介で面倒なだけです。

 

 

 

あとは、謝るなら今後ないように
努めるのがスジですから
また謝っているということは
大きな改善ができていない可能性があります。

 

「謝っておけばいいだろう。」

 

という思考で謝っているとしたら重症。
謝ることしかできない社員って
行く末が目に見えてますからね。

 

変わろうとしていないクセが
謝りグセに派生している可能性があるのです。

 

 

 

では、どうしたら
謝りグセを改善できるのでしょうか?

 

その1つの改善策は
「謝罪」から「感謝」
置き換えていくことです。

 

感謝のつもりで
「すみません。」と使っているのだとしたら
それはすべて「ありがとうございます。」という
感謝の言葉に変えましょう。

 

 

 

あるいは街で人とぶつかってしまったときは
「失礼。」
に変えてみたり

 

「差し支えなければ、お伺いしたいことがあるのですが。」
「ご指摘ありがとうございます。」
などのように別の言葉に置き換えたりしながら

 

少しずつ
反射的に「すみません。」と出てしまうクセを
改善していきましょう。

 

 

 

自責の念にかられて
自分も相手も不快になってしまうよりも
感謝の言葉に換えて
今後改善に努めていくほうが良いですから

 

ぜひ意識して
やってみてください。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

お問い合わせフォーム